前頭部の育毛対策

前頭部の薄毛の原因

前頭部の薄毛の原因の多くは男性ホルモンです。
男性ホルモンは毛乳頭内で5αリダクターゼの影響を受けて活性型男性ホルモン(DHT)に変化します。
DHTは脱毛因子を産生し、毛母細胞の働きを弱めて抜け毛を引き起こします。

 

その他に血行不良、頭皮の炎症などの要因もあります。
ストレスや加齢などにより血流が悪くなると、毛母細胞の活性化に必要な栄養素が行き渡らなくなります。
また、男性ホルモンやストレスは皮脂の過剰分泌も引き起こします。
皮脂が多いとフケやカユミ、炎症を引き起こし、毛穴がつまりやすくなります。毛穴がつまると髪の毛の成長力は低下します。

 

 

 

前頭部の育毛対策

前頭部の薄毛治療は皮膚科で診療しています。皮膚科では薄毛、抜け毛の治療のための相談が可能です。
育毛剤やシャンプーなどの対策だけでは不安な方におすすめです。最近では頭髪治療の専門クリニックも増えてきています。

 

 

皮膚科や頭髪専門クリニックでは男性ホルモンによる薄毛を治療するためのフィナステリドを処方してもらえます。
フィナステリドは日本ではプロペシアと言われ、抜け毛の原因となる5αリダクターゼを阻害し、DHTの生成を防止します。

 

さらクリニックによってはミノキシジルのタブレットを処方するところもあります。
ミノキシジルは血管を拡張する作用があり、毛母細胞の活性化を促進します。頭髪治療の塗り薬、飲み薬の処方は保険が効きません。

 

 

 

生活習慣の改善で育毛対策

育毛対策では食生活も重要です。栄養バランスを考えた食事を摂ることが髪の毛の成長に欠かせません。
良質なタンパク質をはじめビタミン、ミネラルをしっかり摂る事が育毛をサポートします。

 

ストレス解消も大切です。ストレスは血行不良を引き起こし、髪の成長にマイナスになります。
タバコやアルコールも育毛にはあまりよくありません。減らす事をおすすめします。その他に頭皮ケアに気を使う事も重要です。

 

 

シャンプーはできるだけ低刺激のアミノ酸シャンプーをおすすめします。
皮脂を取り過ぎたり、頭皮に刺激を与えすぎると炎症を引き起こします。
シャンプーは指の腹を使ってなるべく短時間で洗い、すすぎをしっかりすることが育毛対策になります。

育毛剤で前頭部の育毛対策

薄毛、育毛に悩む多くの人が購入する育毛剤ですが、育毛剤には様々な種類があります。
育毛剤の効果は様々ですが、主に血行促進作用、細胞活性化、男性ホルモン抑制、頭皮環境改善があります。

 

 

育毛剤の多くは血流改善作用のある生薬エキスを配合しています。
センブリエキスをはじめ、ニンジンエキス、ニンニクエキスなどが血行を良くし、栄養分を毛根におくります。

 

 

 

 

細胞活性化にはパンテノール、海藻エキス、アミノ酸が有効です。
毛根の細胞を活性化することで髪の毛は成長します。他には頭皮を健やかに保つ植物エキスなどが使われています。

 

 

前頭部の薄毛対策で人気の育毛剤にはチャップアップ、ブブカ、フェルサなどがあります。
育毛剤とサプリメントがセットになった商品で、体の外と内の両方から育毛にアプローチします。

 

 

ただ、育毛剤の効果は個人差があります。最低でも6ヶ月は使用することをおすすめします。
その他に医薬品にはなりますが、ミノキシジルを配合したリアップ、フィナステリドを配合したプロペシアが有名です。

 

 

プロペシアは医薬品の為、医師による処方が必要です。リアップは第一種医薬品のため、薬剤師によって販売されています。
リアップは血流改善、細胞活性化に優れ、プロペシアは男性ホルモンによる抜け毛防止に優れています。

 

 

育毛剤はシャンプーの後に使用します。
シャンプーで毛穴の汚れを取り、タオルドライで水分を拭きとった後に育毛剤を塗布します。

 

 

育毛剤は3ヶ月から6ヶ月は使用し、髪の毛の状態をみるようにします。
成長期から退行期、休止期に移行し、再び成長期に移行するまでには時間がかかります。
あとは育毛剤を使用したら頭皮マッサージをしっかり行い、睡眠をとるようにします。睡眠中は成長ホルモンが分泌され、細胞は活性化します。

 

 

生え際育毛剤ガイド【男性の抜け毛に最適な育毛剤はコレ!】
生え際に効く育毛剤の特徴、効果、価格などを紹介。生え際の薄毛対策の基礎知識なども解説。

ヘアサイクル改善と薄毛対策

前頭部の薄毛対策にはヘアサイクルの改善も重要です。
男性の薄毛はヘアサイクルの短縮化により、産毛の増えている状態です。
通常2年から5年近くあるヘアサイクルが1年以下になり、十分に伸長しないまま、抜け落ちてしまいます。

 

 

このヘアサイクルの乱れは男性ホルモンが大きく関係しています。
男性ホルモンは毛乳頭で2型5αリダクターゼの影響を受け、DHTに変化します。
このDHTによって作られる脱毛因子が、毛母細胞の働きを弱めてしまい、髪の毛は抜けてしまいます。

 

 

薄毛対策で使用される育毛剤や医薬品には、5αリダクターゼを阻害する作用があります。
5αリダクターゼを阻害することでDHTが発生するのを抑え、ヘアサイクルの改善を図ります。

 

 

5αリダクターゼを阻害するのに最も有効なのがフィナステイドです。
フィナステリドは医薬品に配合されている成分で、プロペシアという内服薬があります。
医薬品のため、皮膚科や頭髪治療クリニックなどで処方してもらう必要があります。
ただ、プロペシアには稀に性欲減退などの副作用があります。

 

 

フィナステリド以外には、ノコギリヤシやキャピキシルなどの成分も5αリダクターゼを阻害します。
ノコギリヤシに含まれるフィトステロール(植物ステロール)には5αリダクターゼを阻害する作用があります。
さらにキャピキシルに含まれるイソフラボン(ビオカニンA)にも5αリダクターゼを阻害する働きがあります。

 

 

ノコギリヤシについてはサプリメントでの摂取が一般的です。
ノコギリヤシ配合のサプリには、ボストンサプリやフェルサ、BUBKA、チャップアップなどが有名です。

 

BUBKA、フェルサ、チャップアップなどは、育毛剤とセットになっています。
外側と内側の両方から育毛ケア成分を補給し、毛髪の成長を促進します。

 

 

キャピキシルは育毛剤に含まれる成分です。
アカツメクサエキスに含まれるビオカニンAが脱毛因子の生成を抑えます。
Deeper3D、ボストンスカルプエッセンスなどの育毛剤に含まれています。

 

 

ノコギリヤシやキャピキシルには副作用の心配はありません。
フィナステリドほどの効果の強さはありませんが、日々の育毛対策にはおすすめです。

 

 

育毛剤やサプリメントは飲み続ける事が重要になります。
最低でも3ヶ月、できれば6ヶ月は使用し続けることが推奨されています。

 

 

 

 

 

更新履歴